借金大魔王からニコチャン大王へ

くらべる君 スポンサーリンク

低金利の銀行ローンの審査基準について

低金利の銀行ローンの審査基準は?

銀行でローン融資を受けることが、
低金利でお金を借りる最もいい方法といえます。

特に、住宅ローンは銀行から借りるという人か多いようです。

銀行でローンを組む場合は、審査が厳しいことを理解して上で利用しましょう。

フラット35という長期固定金利サービスを利用する人もいますが、
審査基準はとても厳しいものとなっています。

住宅ローンの融資は、大手の都市銀行や地方銀行が熱心に融資を行っています。

地方銀行中には、不動産業者と提携することで、
低金利での住宅ローンを扱っていることがあります。

民間の銀行の場合、抽象的なある程度の基準だけはあるものの、
確かな審査基準というものが公表されていません。

年収については、フラット35よりほど条件は厳しくなっていないようです。

収入が安定していれば、年収がそれほど高くなくても、
頭金が用意できない人でも、低金利でまとまったローンが利用できるようです。

低金利の銀行ローンを組む場合の審査内容はまずなんといっても年収です。

勤続年数が3年以上あることも条件になってきます。
どんな働き方をしているか、どんな業種で働いているかも重要視されます。

自営業や契約社員は、審査の評価は低いようです。

審査では、並行して利用しているローンがないかも調べられます。

これらの内容が審査ではチェックされていますが、
具体的にどう判断しているかは金融会社によります。

少なくとも正社員で3年以上働いていて
安定した収入のある人は低金利という大きなメリットのある
銀行ローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

低金利が魅力の銀行でのローン

少しでも低金利でお金を借りたいという人には、
銀行系の金融会社のローンがおすすめです。

銀行系の金融会社は、他の系列の金融会社よりは審査のハードルが高いといいますが、
そのぶん低金利で融資が可能です。

ローン商品には資金用途別のローン商品とキャッシングローン商品の2種類があります。

特定金融機関と呼ばれる都市銀行や地方銀行では、
資金の使い道を明確にしたタイプのローンが中心です。

目的型のローンは、住宅ローンや、マイカーローンなど、様々なものがあります。

資金の目的が明確で、ある程度日数に余裕があるなら
低金利で組める銀行でのローンがおすすめです。

高額の買い物などをするために、
融資を受けたいと思っている人用の金融商品です。

目的型ローンは、フリーローンよりもずっと低金利ですし、利用限度額も高めになります。

銀行ローンは審査対象の人も限定されていることが多く、
勤続年数などの審査内容もかなり厳しいものです。

銀行系ローンの審査では、必要な書類をそろえるだけでも大変で、
結果が出るまでの待ち時間が長く、
審査中でも金融会社に行かなければならないこともあります。

相応の手間や時間をかけなければ、
銀行系ローンで低金利の融資を受けることは難しいわけです。

手続きは大変ですが、ある程度年収もあり安定した職業についている人は
低金利な何よりの魅力ですので銀行のローンを検討することおすすめします。

低金利で融資が受けられる銀行系ローン

銀行系の金融会社は、他の系列の金融会社と比較しても、
低金利での融資を受けることができるといいます。

銀行系の金融会社とは、母体が地方銀行や都市銀行の金融会社です。

銀行系グループ内の金融会社が、個人へのローンを取り扱っていることもあります。

金利が消費者金融会社のローンや信販系ローンと比較した場合、
低金利であるということが最大の魅力といえるのではないでしょうか。

ローン会社とは接点はなかったけれど、
銀行は以前から利用していたという人は多いでしょう。

銀行からローンを組むことで、
お金を借りるということに対する警戒感を軽減することができます。

インターネットや新聞雑誌、テレビCMなどの広告では消費者金融のものを
目にしない日はないほど激しい競争となっています。

審査の内容や、融資の条件については、
各金融会社ごとに異なる基準を持っています。

銀行系は資金力のある銀行がバックについているため、
低金利で高い利用限度額での融資が可能です。

今では大手消費者金融会社の人気を追従する勢いです。
これまでお金を借りたことがなかったという人でも、
インターネットを使って融資の申し込みができます。

近年では、消費者金融会社の融資を受けていた人が、
銀行系の融資に借り直すという事例も少なくありません。

銀行系ローン会社の審査基準は低金利の分厳しいと思われがちですが
実はそうでもないことも人気の理由となっています。

カードローンのデメリット

カードローンのデメリットは?

融資が必要になった時はカードローンは心強い存在ですが、
利用に当たって理解しておきたいことがあります。

カードローンはあまりにも気軽にお金を借りることができることから、
返済能力を超えて借りてしまう人がいます。

未完済というのは、その言葉の通り、
カードローンで借りたお金を返済できないという事です。

一旦カードローン用のカードを持つと、格段にお金が借りやすくなります。

そのため、気づけば自分のお金のような感覚で借りてしまうことになります。

銀行のATMを使って、自分のお金を手元に出しているようなつもりで、
カードローンのお金を借りるようになる人もいます。

カードローンは、利用限度額の範囲内であれば、何回でもお金を借りる事ができます。

住宅ローンや教育ローンの場合は一回限りのローンなので、
借りたお金は返すばかりになり、次のローンは新規の借り入れ扱いです。

カードローンは返済もリボ払いで行うことができるため、
月々の返済も気軽に行うことができます。

支払い中であってもさらに借り入れをする事ができるので、
なかなか借り入れ残高が減らない人も出てくるわけです。

それほど低い金利で融資を受けてはいないため、
カードローンの返済はいつまでも続くことが多いようです。

リボ払いは便利ですが、一括返済と比較すると利息が高くなりやすく、
返済にかかるお金は上がります。

高金利で、リボ払いのカードローンを利用すると、
結果的に返済総額は上がります。

リボ払いにする時は、
返済にかかる金額がいくらかを計算してみてください。

カードローンは大変便利なサービスである反面、
返済に苦労するような状況になってしまう可能性もありますので、
返済計画をしっかり立ててから利用するようにしましょう。

カードローンでお金を借りる方法

初めてカードローンを使うという時には、何をすればいいのでしょう。

銀行や、金融機関など、カードローンを
扱っている金融機関の窓口に行くという方法が最も直接的です。

電話や、ネットでの申し込みを受け付けているという金融会社もあります。

カードローンを申し込むと1時間ほど審査に時間がかかり、
結果によりお金を借りられるようになります。

審査で融資可能と判断されれば、契約を経て融資を受けられます。

窓口での手続きならぱ、そこで契約書を作成し印を押すことになります。

申し込みをどこでしているかで、契約書のやりとりの仕方は変わります。

無人契約機を介して契約書をやりとりしたり、
郵送で契約書を受け取って、空欄を埋め、サインをして返送する方法もあります。

無人契約機では誰にも会わずに手続きが完了するので、
人に知られることなくカードローンの申し込みができます。

契約書の完成後、金融会社からカードが発行されます。
このカードを使うと金融機関ATMから融資や返済ができます。

カードローンでは、カードを使ってATMからお金を引き出すだけでなく、
指定口座にお金の振り込みを依頼することもできます。

最近はカードローンだけではなく、
他の融資の手続きもかなり早く出来るようになってきており、

場合によっては当日に借り入れる事も可能です。
インターネットの専用フォームから手続きを行い、
審査の結果や契約書のやりとりをメールで済ませ、
口座を指定して融資を受けるまでを全てインターネットとメールでできる場合もあります。

ネット環境さえあれば、家にいながら
カードローンの申し込みから融資までができるので便利です。

カードローンは手間も掛からず、
誰にも会わずに自宅で手続きができるので、
大変便利なお金を借りる方法となっています。

カードローンとは?

最近は、カードローンという用語を目にする機会が増えていますが、
どういったローンなのかいまいちピンとこないかもしれません。

カードローンとは、無担保で、保証人不要で融資が受けられるローンです。

カードローンは、
基本的にはクレジットカードやキャッシュカードなどを使って
一定の限度額の範囲内で自由に融資を受けることができるというものです。

カードローンは、最初の契約時に必ず審査があります。
個人の信用が担保になるために、その人がどのくらいの信用があるかを審査します。

人によっては、審査の条件が超えられずに融資はできないと言われたりもします。

一般的には仕事を持ち、安定した収入がある状況であるなら問題なく、
お金を借りることができます。

審査を通貨できない理由に、融資の希望金額が大きすぎるということもがあります。

カードローンはリボ払いがベースになっていることから、
キャッシングのように翌月に一括で支払うというものではありません。

キャッシングもリボルビング払いができるカード会社もあります。

近年では、キャッシングとカードローンは、
とても似通ったものになっているようです。

銀行系と消費者金融系の金融会社の両方に、
カードローンやカードローンが存在します。

お金を借りる会社によって返済条件や金利なども変わるので、
カードローンを利用する際には事前に情報収集することをおすすめします。